強度近視のリスクと
早期発見の必要性

近視にはタイプがあり、通常の近視はメガネなどにより良好な視力が得られますが、一方で、強度近視と呼ばれる非常に強い近視に進行していくタイプがあります。これは、後眼部の変形に伴い、モノがゆがんで見えたり、視野が欠けたりといった様々な目の病気に進行する可能性があり、適切な治療をしないと最終的には失明につながる恐れがあります。

その為、近視の進行が気になる方は、定期的な眼科受診により目の状態を検査しておくことや、見え方や、目に異常を感じた際は直ちに眼科を受診するなど、症状の早期発見、早期治療が大切です。

早めに近視の予防や近視進行抑制の治療や処置を行うことで視力の低下や、見え方のクオリティを維持することが可能となります。

このように、生涯にわたり快適な視力を維持するためには、強度近視になるリスクを事前に知り、早期に眼科に相談することが重要といえます。