近視の原因と予防

近視の原因は?

近視の主な原因は、遺伝要因と環境要因の2つが関係しているといわれています。

遺伝要因とは両親から受け継いだ遺伝情報のことをいい、遺伝情報は生まれてから基本的に変わることはありません。
例えば、お父さん、お母さんが近視の場合は、近視でない場合よりも、高い確率で子どもが近視になりやすいといわれています。
また、強度近視まで進むかどうかは、通常の近視に比べて遺伝的な影響がいっそう強いと考えられています。

環境要因には、長時間のスマートフォンやゲーム機の使用、デスクワークの時間など、その人の生活スタイルがあげられます。
長時間にわたり勉強をするお子さんや、パソコンの画面と目が近い距離での作業(近業活動)が多い方は、目の機能に負荷をかける為、近視が進みやすいといわれています。

近視は遺伝要因と環境要因によって発症のリスクや進行の度合いが決まってくるようです。

生活習慣の見直しで近視を予防しよう

近視は成長期に進みやすいため、視力低下を防ぐための生活習慣を子どもの頃から身につけておきましょう。
生活習慣を見直してみて、近業活動が続くようなら、

  1. 1本やノートと目の距離は
    30cm以上に保つ
  2. 2明るいところで読み書きする
  3. 3意識的に目を休ませる
  4. 4いすや机の高さを調整する
  5. 5積極的に外で活動する

といった工夫をしてみてください。

また、遠くを見る用に遠くにピントを合わせたメガネで長時間近くを見る作業をすると、目に負担がかかって近視が進みやすいことがわかっています。